最近注目を集めている新しいタイプの資産運用

giuyreバイナリーオプションとは通貨オプションを組み合わせた金融商品の一種であり、シンプルに言うとある一定期間後の為替レートの変動を予想することがポイントになる資産運用方法です。最近FX取引人気を抜く勢いのバイナリーオプションですが、 人気に比例して、関連サイトが増えて来ています。様々な情報が簡単に入るということも手伝って、バイナリーオプショントレーダーの数も急上昇しているようですね。

外国為替証拠金取引いわゆるFX取引の場合は、値動きの動向だけではなくどれくらいの値幅で動きがあったのかが運用に大きな影響を与えますが、バイナリーオプションの場合は変動幅よりも通貨安または通貨高といった値動きの方向が重要になります。

バイナリーオプションはFXよりも運用益に与える要素が少なくシンプルな仕組みになっているため、複雑な計算をする必要がありません。どちらの方向に値動きをするかの予想が重要になるので、初心者でも簡単に始めることができます。バイナリーオプションでは為替レートの変動方向を予想することになりますが、商品としては3つのタイプが存在します。

一定期間後の為替レートの変動方向そのもののみを予想するのが「ハイ・ロー型」です。投資者が予想するのは、為替レートの変動方向が「通貨安」もしくは「通過高」のどちらにになるのかのみであり、最もシンプルな予想方法となっています。

日本円の場合を例に挙げると「円高」か「円安」のどちらに為替レートが動くかを予想することになります。予想が必要になるのは通貨の変動方向のみなので、値動きの幅は関係ありません。

ほんのわずかの値動きでも、歴史に残るような暴落であっても、運用益は事前に設定されたペイアウト倍率によって決まるので運用益は等しくなります。一定期間後の為替レートの変動範囲を予想するのが「レンジ型」です。

値動きの変動方向だけではなく、一定期間後の為替レートがどの範囲に収まるのかを予想するタイプなので、変動方向の予想があっていたとしても、値動きの幅が予想よりも大きければ収益を上げることはできません。

 例えば一定期間後の円ドルレートが100~101円にあると予想した場合、100円99銭なら運用益が発生しますが101円1銭であれば運用益は発生しないことになります。

レンジ型の予想範囲は種類によって異なりますが、範囲が狭く設定されているほど予想が的中した時の運用益は大きくなります。ある特定の為替レートを予想し、一定期間内に為替レートがその水準に一度でも達していれば収益が得られる、というタイプが「ワンタッチ型」です。

 ワンタッチ型の場合は期間内に一度でも予想レートに達していれば、その前後の為替レートの変動にかかわらず収益が得られます。他のタイプのように期限終了時点の為替レートではなく、期限までにレートに達すれば予想成功になります。 その他には高低オプション、60秒オプションなど、取引方法の種類が豊富で、メタトレーダーを含む取引ツールも充実しています。

初心者と投資

私自身、株式投資を始めて5年程になります。始めた当初は、一通り関連の本を読んである程度の知識を得たつもりでしたが、実際にやってみると思う様にはいかないものです。
特にデイトレード等はリアルタイムでの株価変動を見ながらその場その場で判断していくものなので、マニュアル通りの動きはまずしてくれません。
私自身が経験し、また、最初期にありがちと思われる失敗についてお話したいと思います。

・人気ランキングの上位、値上がりの激しい銘柄を買ってしまう

値上がりしている、人気ランキングの上位に居るという事は、現在活発に取引されている銘柄という事なので、それを買うという事自体は間違いではありません。
ただ、値上がりしているという事は高値圏に居るという事であり、いつ利益確定等に売りに押され、値下がりするかわかりません。
値下がりが始まると、そこが天井値と判断されて我も我もと売りが重なり、あっという間に下落していき二度と値が戻らない、という事もよくあります。
そのリスクを避ける為に、チャートをよく見て、まだ上昇途中か確認してから買う、買った後もよく値動きを見て、上昇が鈍り出したら売却し利益確定するのが安全です。

・一度に多くのロットで買い付ける

株式売買の多くは100株単位で行われていますが、一度に500,1000株等と大量に買うのは気をつけたいところです。
大量に買った方が少しの上昇でも多くの利益が出ますが、下がってしまった場合は逆に多大な損失になります。
私がよく行う買い付け方は、まず100株、200株と少なめに買い、そこからまだ強い上昇が期待出来そうなら同じぐらい追加していく。
意に反して下がり出した場合、下落がひと段落したかな、と思われるところまで待ってから同じ程度の株数を買い、上昇し最初に買った値段を超えてくれたら、先に買っていた分を売り、その後の値動きに合わせて後で買った方を売る、というやり方です。
こうすれば買い付け値段を安く抑えられて、リスクも避けられます。

・損切りを躊躇わない

買った値段から値下がりし、下落が止まる様子が見えない場合は、追加買いはせず、すぐに売りロスを抑えます。
損をする、というのはなかなか心理的抵抗がありますし気分が悪い物ですが、買い値から 大きく値下がりしてしまった場合、買い値まで戻らない可能性も出てきますし、更に下落してしまった場合は到底取り戻せない損失となってしまうかもしれません。
早い判断で損切りし、安くなったところで買い直した方が、精神衛生的にもかなり良いと思います。

何年経験しても失敗はありますが、このような基本をしっかり守れば、コツコツとでも利益を積み重ねて、楽しく投資を続けられると思います。