国際対応に強いというメリット

giuyre697 SmartOptionは、バイナリーオプション専門で、外国為替取引は扱っていません。SmartOptionのバイナリーオプションとは、国際対応に強いということが挙げられます。複数の入出金制度があるというのも、そのひとつです。SmartOptionはグローバルに展開をしていますので、入出金制度についても、たくさんのオプションをそろえています。SmartOptionが対応している入出金方法は、クレジットカードはもちろん、デビットカード、ウエスタンユニオン、電信送金などにも対応しています。このように、SmartOptionには様々な入出金の方法があります。日本の業者だと、銀行のみ、としているような業者もまだありますが、これと比較すると利点がよくわかるかと思います。入出金方法が豊富だという取引環境は、初心者にとっても安心なことだと思います。

実際に、海外では、金融取引会社へのクレジットカードももちろん、電子マネーによる資金移動も幅広く広まっているのが実状です。

SmartOptionの最大・最小入金額について

SmartOptionの最高入金額はクレジットカードの場合は、50万円、銀行だと無制限で可能です。それだけではなく、ウエスタンユニオン10,000USD相当となっています。

逆に、SmartOptionの最小入金額はそれぞれ10,000円、100USD相当となっていますが、これは、為替レートによって日本円相当額は変化するので、確認が必要となります。

SmartOptionクレジットカードの取り扱い通貨について

SmartOptionではクレジットカードも利用できます。ただ、ここで気をつけないと行けないのが、SmartOptionにおいても、すべてのクレジットカードの扱いが同じではないということです。ブランドによって、取り扱いできる通貨が違うとのです。

文責: ディール.com

たとえば、JCBはSmartOptionでも、日本円のみの対応です。VISA、MasterはJPYとUSD両方対応となっています。そしてアメックスはUSDのみの対応になっています。そのため、国内のクレジットカードデハなく、アメックスや海外カードを利用する際は注意しましょう。

SmartOptionでの電信送金について

先程述べたように、SmartOptionは電信送金にも対応しています。ただ、これは、クレジットカードなどのように簡単ではありません。というのも、SmartOptionにおいても、電信送金となると制約がでてくるのです。その条件とは、たとえば、最低入金額がなんと50,000円、500USDということです。けっこう高めに設定されているのです。そして、送金手数料が別途かかります。これが、日本円で2,500円も発生するのです。さらにその送金が口座に反映されるまで5営業日必要ということで、これだと、あまりメリットがあるとはいえないでしょう。

SmartOptionでも、銀行出金はSWIFTコードが必要です SmartOptionは、ネット銀行やゆうちょ銀行には出金できませんし、日本の銀行口座へ出金するのにおいては、手間がかかると思っておいた方がよいかといえます。具体的には、出金にあたってはSwift(スイフト)コードが必須、もしくは、ABA番号があるところでないといけません。SWIFTコードがあるメガバンクというと、菱東京UFJ銀行や、みずほ銀行、三井住友銀行などの都市銀行です。